絶滅危惧

絶滅回避

察しの良い方は『あ、こりゃやるよな』と判ってらしたかと思いますがSALEですw

とにかく回避、日銭を稼がなくっちゃなりません。

 

・組み立てキット20%引き(新製品ほか一部対象外あり

・特価品も表示価格から更に割り引き

・完成品フィギュアとか欲しいのあったらお尋ねください ベンキョーします

 

またかよ?

大丈夫なのかよ?

 

回避するためならばジタバタもします。

ジタバタするしかない状態でもあります。

大丈夫じゃないからやるんだけども。。。

 

一方、めちゃくちゃ無茶な金額が目標なわけではないのです。

またその一方、その程度の売上が厳しいほどに景気が悪いのですよ。

 

もともとユーザーの少ないニッチな趣味です。

おひとりがちょっとづつ買い控える積み重ねがあばばばば

 

お客さん脅迫してどうするよ? って感じですが

例えば

 

いま、毎月ご来店&お買い上げいただいているお客さまが5%買増ししてくださったりとか

 

毎月じゃないけどご来店&お買い上げいただいてるお客さまが年間あと一回ペースをあげてくださったりとか

 

いまあまりご来店いただけてないお客さまがスプレーの1本も買ってくださったりとか

 

ホント、そんなレベルでも個人営業の小売店なら延命できると思います。

 

 

 

あ、しばらくやりますよ。

無期限開催(ぇ

 

 

無期≠永遠(何

続・絶滅危惧

炎上覚悟でつづきます(何

 

お察しな方も多いかと思いますが、突然こんなこと言い出したのは例の件です。

 

もちろん、ホントの事情なんてわかるワケもないのであくまでキッカケです。

キッカケとは言いましたけど、ずっと、いつ書こうか、書くべきなのかと考えていたことでもありました。

 

ネットで論じられていたものに「量販が小売りを潰す」がありました。

これは模型に限らず全ての業界でですが、ある面真実だとは思います。

いっぽう、「周辺に量販なんか無かったじゃないか」とも。。。

 

。。。より深刻ですよね?

競合ライバルもないのに地域どころか県下いちばんの優良店が…。

 

絶滅危惧

 

今回のことはハジマリに過ぎないと思います。

浜松だっておなじ

いや、全国的におなじでしょう。

 

早晩、地方都市レベルの人口では模型屋1件が支えられなくなる。。。

大都市圏でもひとは多い分、逆に地代、人件費などからか撤退してしまったはなしも多々ありますね。

それこそ絶滅へと向かっている、というのは考え過ぎでしょうか?

 

つづく

 

 

 

絶滅危惧IA類

・絶滅

・野生絶滅

・絶滅危惧IA類

・絶滅危惧IB類

・絶滅危惧II類

 

物騒なキーワードから始まりましたけど、みなさんは危機感ってお持ちでしょうか(何

 

今を遡ること30年。

模型屋開業準備をしているころにはもう “先細りな業界” 言われていたワケです(ぇ

 

何人ものひとから

「なんで今更模型屋始めるの?」

「よりにもよってそれを選ぶかな?」

ずいぶんなこと言われました。

 

「自分でハジメルの? これから? 継ぐんじゃなくって?」

これは模型誌編集会社の社長さんの反応です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

炎上覚悟なエントリーなわけですけども。。。。

 

とりあえず脅かしちゃいましたが、個人の趣味なんてものは他人がどうこうするもんじゃなし、各人が続ける限りは続いていくわけで……

そりゃま、いろいろ不便なこととか増えるかもですが続くもんは続きます。

 

ただ、将来的にやるひとは減り続けるだろうから『模型(主にプラモデル)』って趣味は

“絶滅の危険が増大している種”  絶滅危惧Ⅱ類ってとこでしょうか。

 

やばいのは『模型小売店』ですね。

こっちは “ごく近い将来に絶滅する危険性が極めて高いもの”

まちがいなく絶滅危惧IA類です

 

模型に限った話しではありませんが、中にいる人には客観的に周りの状況が見えていないものな様です。

熱心な人たちの集まりにいれば特にです。

 

「“模型離れ” なんて言うけれど、熱心にやってるひと多いよね」

「じぶんなんてまだまだヌルいくらいで、案外盛り上がってったりするくらいじゃね?」

なんてね

 

 

そういう一面は確かにあります。

成熟した大人の趣味としての発展はまだまだ続くでしょう。

 

え?

じゃ、なにが危機なの? って感じですか?

 

模型屋をはじめたばかりな頃にこんなことがありました。

「初めてプラモ作るんで、いろいろ用意するモノとか教えてください。」と頼まれたのです。

学校帰りの男の子。。。子っていうか、高校生でした。

いくらなんでも初めてなんてことはないだろうと思いながら応対していたのですが、見事に噛み合いません。

「……もしかしてホントに初めて作るの?」

「最初にそう言いませんでした?」

 

マァァァ━︎━︎━︎(゚Д゚;ノ)ノ━︎━︎━︎ジデェェェ!??

 

昭和30年代後半生まれのじぶんには全く信じられないはなしでした。

程度の差はもちろんあるでしょう。

あるでしょうけども、例えばじぶんの同級生に

「小学生の時、年間一つもプラモデル作らなかったなんてヤツは一人もいないんじゃないか?」

と思うくらいに定番な遊びだったものです。

 

その定番の遊びも、成長、体験とともに他へ興味が移ったり、生活サイクルの変化などからの取捨選択により次第に製作数、購買数、ひいてはユーザー数が減少していくものではあるのですがね。

しかし、そこには今とは桁外れに巨大な底辺からのユーザーピラミッドが在りました。

そして、上にいくほど数はへるけど濃ゆ〜くなる、と。

なればこそ、プラモデルが “薄利多売” の代名詞足り得たわけです。

 

では、現状はどうでしょう?

21世紀、平成も30年な現在、模型界を取り巻く状況は一変しています。

店をはじめてまざまざと判ったことですが、前述の高校生は決して極端な例ではありませんでした。

その後もけっこーな数で同じ様な話しがあり、すっかり慣れっこになりました。

そしてそれから30年。

当然その時の高校生がもう親となっている世代です。

つまりは

親子2代でプラモデルを作ったことが無い

なんてひとが普通にいる時代なのです(!

 

人口ピラミッド的に言うならば、細い棒の上にそろばん玉が乗っかっている、みたいな?

 

え、え、え、え〜〜〜?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

って言うか、もう何年も前からいまの状況なんですけどね。

着々と悪化の一途

 

 

…そして景気も悪化の一途

………ฅ(º ロ º ฅ)ハッ

 

つづく

SALE SALE SALE

「模型流通センター」とか

「模型の◯やま」とかとか

屋号変えちゃった方がいいんでないかい?ってくらいにダラダラ特価品積み上げて早一年。

(=゚ω゚)ノ

特価品ガンガン、追加投入中

(*゚▽゚︎ノノ゙☆︎パチパチ

で、よくお客さまから頂くのが

「こんな安くしちゃって大丈夫なの?」

「こんなに下げなくても売れるでしょ?」な御言葉。

 

 

だいじょーぶじゃないからやってるんじゃーーー!

٩(//̀Д/́/)۶

いま、だいじょうぶなもけいやなんてあるのかぎゃくにといたいぞと

(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ ) ‘`,

 

※特価品には限りがあります。てか、基本一点もの、早い者勝ち

※写真は過去投稿のinstagramなので、既に売れちゃったものもあります

※でもでも、逐次追加投入してるよ

ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀︎ヽ(゚∀゚︎ヽ(゚∀゚︎)ノ゚∀゚︎)ノ∀゚︎)ノ゚)ノ)ノ