しょんない

一本の電話から

#しょんない への出演

突然で驚かれた方も多いかと思います。

って言うか、いちばん驚いたのじぶんだしw

 

実は収録はけっこう前でして、6月29日のことでした。

話しが舞い込んだのがその2週間くらい前だったかと。。。

そんないきなり間際になって?って感じですが、よくあることみたいですね。

 

プラモメーカーさんたちには数ヶ月前には打診があって準備していたそうです。

そりゃそうだよね

ブツ選んでプレゼンしなきゃいけない企画なんだから。

 

 

で、なんでじぶん? みたいなw

 

そりゃ有名だもん

しぞーか辺りで模型屋言ったら「やおや」でしょうが? みたいな?

 

なぃなぃ・苦笑

 

番組は静岡ローカルではありますが東京のテレビ制作会社に委託されている様で、スタッフは静岡の模型店事情なんて知る由もありません。

たぶん、人脈通じて「模型に詳しい人知らない?」って片っ端から訊いてるんでしょう。

じぶんのとこには先ずお客さんで来ていただいてる◯大の先生から打診がありました。

 

「しょんないTVで『古い模型に詳しいひと』探してるらしいんだけど、紹介しちゃっていい?」

 

伝言ゲームで「企画」がねじ曲がっちゃってますねw

じぶんは「鑑定団」クラスなお宝の話しなんだと思って

「いや、じぶんじゃ無理だから、そういうのお好きなお客さん紹介するくらいしか出来ないですよ?」と応えてます。

 

ところがその後30分もしたら「ご紹介いただいた製作会社です。この度はご出演戴けるそうでありがとうございます! つきましてはですね〜 ww」と。

 

見事にテレビなノリですねぇ。

 

よくよく聞いてみたら「プラモ遺産」な話しだったワケですが、「瀧さんは世代的にもこどものころにはプラモは作ったよ程度、広瀬さんは“モデラーナ”とはいうけれども知識はない。そこで一人解説できるひと欲しいかなってことで」と

まぁ、それなら内容的にはなんとかなるかな?とは思ったワケですが、収録が営業時間とがっつり重なってます。しかもランドまで来いと。

どんなに早く帰っても19時過ぎるスケジュールなんで

「そりゃ出るなら張り紙しなきゃ」

「あ、たぶんお願いするんだけどまだ最終決定じゃなくて…」

おぃ!

「あ、2,3日後までにはご連絡しますから」

おぃおぃ

 

 

おぃおぃおぃ

 

 

 

来ないな

 

 

 

いいのかな

 

 

 

つづく・笑

 

 

 

 

それは突然やってきた

完全に(カ)の抜けたころではありますが
例のウラバナシなんぞはじめてみましょうか

そう

しぞーかけんみんおなじみの、木曜深夜のあの番組

ピエール瀧のしょんないTV です

 

9/13,9/20の2回にわたり放送された

「しょんないプラモ遺産選考会」に呼ばれてしまいましたよ?

後編は、なんとビックリ

放送300回記念だったというオマケつき

 

図らずも歴史に残ってしまいましたのさ

 

そう

まったく図らず ただの偶然 たまたまAnv

 

収録時には誰一人として、可能性すら語られておりません

 

 

ま、そんなことなどチラチラ ダラダラ

小出しでやってみますかね

 

つづく